管理組合の活動状況を把握


意外と見逃されがちなのが、マンションの管理や維持を行う庄民の組織である「管理組合」の活動や質の問題です。実は、これが一番大切な問題です。長い間住むマンションは、管理次第でマンションのグレードが決まってきます。いかにすばらしいマンションであっても、長い間には「劣化」が進んできます。それを防止するには、やはり管理組合の作る長期・短期の修繕計画と、その実施の状況によるところが大きいのです。

修繕

管理組合と管理会社はもちろん異なります。管理会社がきちんとした管理を行うかどうかは、管理組合の活動状況が正常であって、きちんとした監督がなされているかどうかにかかっているのです。百聞は一見にしかずです。自分の目で確かめることこそ大切です。
管理組合がきちんとしているかどうかは、マンションを訪ねたときの管理人の対応でわかります。外部の人に対して厳しい目で見ているようであれば真面目に仕事をやっています。エントランスなど目に見える部分にゴミ等が落ちているようでは、管理体制全体が杜撰だと判断して間違いありません。目に見えるところがいい加減なのに、その他の管理が行き届いているということはあり得ません。


【管理費、修繕積立金は適度か】

マンションの命は管理状況で決まりますが、管理費は高からず安からずが一番です。高すぎれば、「管理組合は一体何をやっているのか」ということになります。しかし「修繕積立金が安くてよい」などと喜ぶのは、マンションについて不勉強な証拠です。いかにも割安であれば、今度はいい加減な管理や修繕をやっているのではないかと心配になります。
高ければ間題になるし、安ければ手抜きの管理になるということで、どちらにも偏らないような管理費、修繕積立金のバランスが大切なのです。概して「共益費」が割安なケースは、戸数が多く一戸あたりの分担が少ないか、低層型でエレベーターもないようなマンションです。

マンション

逆に高いのは、エレベーターの数が多く、管理が24時間体制であるなど、贅沢になっている場合です。一般的には管理問題についての意識が低い人が多く、高い共益費を徴収されても、「下手に文句を言うと、役員をやらなければならなくなる」と逃げ腰になりがちです。ただ、このような管理組合の間題は、自分が買った後で意見をどんどん述べて変えていくことも可能です。



立花エリアは,子育て世代が多く暮らしているまちです。公園が整備されているので,昼間は子連れファミリーも多く見かけます。また市がやっているセミナーや交流会などもあります。
ファミリーでお引越しをするなら,購入を検討することをお勧めします。立花エリアの不動産購入がお勧めです。

海の幸が充実している,明石市。明石海峡では,タコやタイ,海苔などが全国的にも知られています。古くから,風光明媚な景色が愛されていて,多くの詩人に謳われたりしています。また、明石市は捕れる食材が美味しいエリア。その為、明石市のご飯はやみつきになります!不動産物件を探している方。明石市で不動産を探しましょう。

大阪府へのアクセスが便利な甲子園口。
住んでいる人の満足度も高く,エリア内には沢山の施設が揃っています。
また,駅方は多数の電車が通っているので多方面へのアクセスも可能。
大阪府の近くで賃貸物件を探している方は,甲子園口の近くで賃貸を探してみませんか?アクセスに困らない暮らしが楽しめますよ!