入居者からの声


ご好意で見学させていただいたお部屋のご夫婦は、七十四歳の夫と六十五歳のポリオの妻。二世帯住宅で子ども夫婦と同居していましたが、介護が必要になる前に別居しようと、我が家を売却してここに移ったそうです。お二人ともお元気で、週一回ヘルパーを頼んで掃除をしてもらっている程度。

介護

八五平方メートルの部屋に好きな家具を置き、子どもたちの写真や趣味の手芸作品などを飾り、ゆとりのある生活を楽しんでおられます。夫人は、「ここなら、走ってくる子どもにぶつかりそうになるようなこともなく、ゆったりと落ち着いた生活ができること、建物の入り口まで、障害者用の車を横付けできることが気に入っている」と言います。

この夫妻の部屋の家賃は四〇〇〇クローネ。家賃は収入により異なり、一五○○クローネから六○○○クローネ程度とのこと。概算ですが、三万円から十二万円というところでしょうか。夫妻のお隣は単身者用で六七平方メートル。入居者は男性で、ピアノでジャズ演奏を披露してくれました。

【中古マンションは外観が一番の決め手】
中古物件を選択するときに、何を基準にするかと言えば、一番簡単なのは外観です。なぜなら、そのマンションの良し悪し、換言すれば管理状態が自然と外観に出てくるからです。外観が汚いのにマンションの中身が良いということはまずあり得ません。

外観

マンションの資産価値を守るには、構造体に重要な影響を与える外壁の修繕が必要不可欠です。外壁がはげ落ちていたり、いかにもみすぼらしいペンキが塗ってあったり、ベランダが落ちそうなマンションが良い物件であるはずがありません。管理組合がマンションのグレードを守ろうとの考え方が強ければ、外観についてはことのほか気を遣い、美観を保とうとするものです。

そのようなマンションでは、当然ながら内部の様々な設術についてもシビアに管理しているに違いありません。もちろん「見かけ倒し」という物件もあります。外観は良くても内部はさっぱりだという類です。しかし割合からするならば、外観と内部の管理状態が一致しているのが一般的です。そう考えて間違いはありません。その意味でもマンションを選ぶときには、外観をまず第一のチェックポイントにしてください。


駅近くに小児科や総合病院があり、ファミリー層が住みやすいのが、鶴見駅周辺の賃貸。再開発により街は整然としてます。そんな鶴見駅近くにあるロイヤルタワー横濱鶴見での生活を検討しませんか?鶴見駅から徒歩1分なので、通勤や移動で困ることもないので、お勧めなんです!


埼玉県入間市で一戸建ての購入を検討されている方はいらっしゃいますでしょうか?
このエリアの魅力はなんといっても,東京都心への利便性の良さです。
高速道路の入口もあるので,普段は車を使っている人にも住むやすいかと思います。
入間市の一戸建て探しは株式会社アクシアホームにご相談ください。

東京都心のベットタウンとして知られる日野市は,単身者用から学生向け,ファミリー層向け,店舗物件など。様々な種類の不動産物件があります。場所によっては家賃が高いこともありますが、探し方次第で安い物件も!そんな東京都で不動産を探してみるのはどうでしょうか。