複合センターとしてのモデル住宅


エゲビヤ地区は、一九九六年に住宅展覧会が開催された地区で、実験的な住宅や建物が立ち並ぶ新しい街。多様な階屑や年齢屑の生活ニーズへの対応を図り、低層の集合住宅により街路を意識的に形成したり、池のそばにエコロジー建築が建つなど、さまざまな趣向や形態、材料の住宅が配置されています。

集合住宅

その地区に建つ高齢者住宅は、グループで居住する、高齢者住宅のモデル住宅で、住宅と介護を統一した複合センターとして提案されています。建物は二階建てで、中庭を囲んで口の字型になっています。一階住戸からは直接中庭に出入りができ、二階の住戸をつなぐ廊下もこの中庭に面しています。共用廊下には、各住戸の居住者が鉢植えやベンチを置き、それぞれに普通の家庭生活を楽しんでいるのです。

個性的なつくりの中庭洗濯室も芸術作品のひとつ中庭は電動で開閉できるガラス張りのトップライトがあり、明るく開放的な空間。外気の寒さから遮断された室内環境でありながらも、太陽光が入るので植栽も青々としており、テーブルが置かれ、池には魚も泳いでいます。
中庭にある半球型の建物は洗濯室。バレルップ市では建築賞の二%を芸術作品のために使うことが義務付けられており、この洗濯室も芸術作品のひとつらしいです。

入り口から左側の角部分の七戸、その上の二階四戸の計十四戸は重度の介護を必要とする高齢者のための住宅で、この部分は他の住宅とは区画されています。入り口右側の一階五戸、二階五戸の計十戸は一般の高齢者住宅です。以上合計二十四戸は社会住宅財団が所有しており、社会福祉法に基づいて建設され、利用者は市が判定して決定するとのことです。入り口左側の部分、一階四戸、二階四戸計八戸の住宅は民間企業(保険会社)が所有しています。

間取りは夫婦用の住戸八戸(八五平方メートル)、あとは一人用(六七平方メートル)。夫婦の片方が亡くなった場合にも同じ部屋に住み続けられますが、希望により一人部屋に移ることもできます。住宅以外に入り口の角に食堂があり、二階には市の在宅ケア担当者と厨房担当者の事務所が入っています。
この部分は市の買い取りで、ここは、社会住宅財団と保険会社と市の三者の所有となり、運営に必要なスタッフは市が派遣しています。この食堂は近隣に住む商齢者全員が利用できるようになっています。

食堂

バレルップ市では配食サービスも行っていますが、自分で食堂に来ることができる人には来てもらい、食事を取りながら地域の人たちと交流できるように工夫されています。
私たち一行もここで昼食をいただきましたが、チーズの種類が豊富で、パンもおいしく、十分に楽しむことができました。緊急通報設備はありますが、通常は電話で連絡しています。ここの場合は、夜間でも建物内に在宅ケアのスタッフがいるので、担当者が出られないときは、在宅ケア担当者の携帯アラームにつながるようになっています。


不動産会社といっても、全国には数多くあります。そのため、決まっているエリアがあるなら、そのエリアにある不動産会社に問い合わせるのが手っ取り早い方法です。
大阪市中央区で不動産を購入するなら、大阪市中央区の不動産会社をこちらのサイトでご確認ください。


マンションを経営している方で,景気が悪くなって,なかなか住居者が入らなくなったと困っている方はいらっしゃいますか?
そのようなことでお困りの方は,シェアハウスを経営してみてはいかがでしょうか。
シェアハウスは、入居者一人当たりの家賃負担が軽減されるので,経営すれば、入居者のターゲットが増えると思いますよ。

京王新線が通っている初台駅からは,新宿駅まで約2分,渋谷駅まで約7分でアクセスができます。都内の主要な大きな都市までのアクセスが非常に便利であることから,初台駅周辺の不動産が人気を集中しています。
そんな初台駅周辺の不動産は,特に新宿で働いている会社員の方とその家族に人気です。シングル向けマンションや,ファミリー向けマンションの需要が高いようですよ。