高齢者住宅のなりたち


<「必要な時にいつでも老人ホームに入れる権利」が高齢者の自己実現の妨げ>
一九七〇年代のデンマークでは、急速な高齢化に対応し、「必要なときにいつでも老人ホームに入れる権利」を保障し、プライエム(日本でいう特別養護老人ホーム)の増設と施設スタッフの増員を図ってきましたが、一九七九年、高齢者政策委員会の調査により、高齢者は手厚く介護されるより、自立して生きたい住宅」と「ケア」がセットになってるため、施設に入らなければ、十分なケアを受けられない状況がある実態三自宅から外出できない高齢者が十万人二五%もいるこれらが、高齢者の自己実現の妨げになっていると報告されました。

老人ホーム


<できるだけ長く自宅で>

一九八七年には「できるだけ長く自宅で」というスローガンを掲げ、プライエムの建設が禁止。「住宅」と「ケア」を分離し、「施設」と「住宅」の垣根をなくし、住宅政策によって豊かな老後を支えようとしてきました。既存のプライエムは二室を一室(四〇平方メートル)にし、専用のミニキッチン、広いトイレを設け、自立支援型の住宅「プライエボリー」に転換されています。

<「できるだけ長く自宅で」ではなく「早めの引越し」を!>

高齢者が暮らしにくい自宅、介護サービスが受けにくい自宅では、高齢者が質のいい暮らしを維持していくことは難しいものです。そこで、「自分で決断し、自分で引っ越し、積極的に新しい環境に馴染んでいく気力、体力のあるうちに(五十五歳から七十歳くらいまでに)、バリアフリーで在宅介護サービスも受けやすい高齢者住宅に引っ越してそこを我が家とし、できるだけ長く自立した暮らしをしよう!ということになりました。

バリアフリー

バリアフリーは構造的バリアフリーだけでなく、社会的バリアフリーも必須条件であり、高齢者住宅の立地条件は、・介護ステーションに近い・郵便局、医院、店に近い・活動の場へのアクセスがよい・どこにでも行けるよう、バス停に近いです。高齢者住宅「エゲリー」は、この流れの中でできたものなのです。


宜野湾市に住もう!宜野湾市は那覇市へのアクセス良好、通勤通学も快適です。 公園も多く、子育て世帯に嬉しい環境です。 琉球王国時代、ねたて(琉球の中心)として栄えた宜野湾市。ここ宜野湾市の一戸建ての物件詳細ページにアクセスを!


川西市で引っ越し先を検討している方がいましたら,ぜひ川西能勢口駅近くの不動産について調べてみませんか?この川西能勢口エリアは,百貨店やスーパーなどの商業施設が集まっているため,普段の買い物にも困りません。充実した生活をしたいと思っているなら,ぜひ川西能勢口エリアの不動産について確認してはいかがでしょうか!

心機一転新しく生活を考えている方はいますか?もしいましたら,ぜひ千代田区で新築一戸建てを購入しませんか?千代田区にはなんと,仲介手数料無料の新築一戸建てが沢山あります!千代田区は商業施設も多く、生活の利便性に優れているエリア。その為、新宿区に住む人も沢山います。仲介手数料無料の新築一戸建てが多い新宿区で、新生活を始めてみませんか?